フィードバックを一括管理! プラグイン「jetpack」をインストールして問い合わせフォームを掲載しよう!

プラグイン「jetpack」のコンタクトフォームで何ができるか?

「jetpack」のコンタクトフォームを使用すると、閲覧ユーザーが自分のメールアドレスなど連絡先を知られることなく、サイト管理者にコメントを送信することがでます。

また、通常の「問い合わせフォーム」としても利用することができます。

スクリーンショット 2016-03-22 23.49.24

「jetpack」はとても多機能で、サイト管理に欲しい機能がほとんど盛り込まれています。
「コンタクトフォーム」もその機能のうちの1つです。

そして、送信されたコンタクト詳細は、WordPressの「フィードバック」に一覧表示され、サイト管理者がコメントを管理する負担をとっても軽くすることができます。

では、早速インストールしていきましょう!
 

実際にフィードバックを受け取ってみましょう!

プラグインのインストール

WordPressの管理画面から、メニュー[プラグイン] > [新規追加]をクリックします。
検索ボックスで「jetpack」を検索し、検索結果に表示された「今すぐインストール」をクリックしてくだささい。

スクリーンショット 2016-03-23 0.10.11

クリックと同時にインストールが開始されます。
インストール完了画面で「今すぐ有効化」をクリックしてプラグインの利用を開始してください。
 

コンタクトフォームの有効化

「jetpack」では主な機能が最初から有効化された状態でスタートします。
あなたのサイトに適した機能を有効化しカスタマイズすることができます。

機能「コンタクトフォーム」が有効化されていることを確認してください。

スクリーンショット 2016-03-23 0.04.16

 

固定ページ・投稿本文にフォームを掲載してみましょう!

では早速、実際に入力フォームを作成します。

固定ページ、または投稿の編集画面で「お問い合わせフォームを追加」をクリックしてください。

スクリーンショット 2016-03-23 0.33.35

 

フォームの内容を自由に編集することができます。
あなたの用途に合わせてカスタマイズしてください。

スクリーンショット 2016-03-23 0.37.06

スクリーンショット 2016-03-23 0.37.21

 

カスタマイズが終了したら、「このフォームを投稿に追加」をクリックしてください。

こんな感じで本文中にコードが組み込まれます。

スクリーンショット 2016-03-23 0.41.06

 

テスト送信してみましょう!

掲載した問い合わせフォームからテスト送信してみてください。

スクリーンショット 2016-03-23 0.44.56

 

送信が完了すると、こんな感じの画面に切り替わります。
表示フォントなどのデザインはあなたのサイトの仕様で表示されます。

スクリーンショット 2016-03-23 0.45.09

 

「フィードバック」から問い合わせ内容を確認してみましょう!

WordPressの管理画面から、メニュー[フィードバック]をクリックします。
問い合わせフォームから送信されたメッセージが一覧表示されます。

スクリーンショット 2016-03-23 0.45.24

 

LINEで送る
[`yahoo` not found]

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る